ウォーターサーバーの機能を利用して電気代を節約

ウォーターサーバーの電気代は、先にもお伝えしたとおり月に600~1,500円です。各メーカーのウォーターサーバー製品本体により変わってきますが、よりお得に利用するために本体の機能を、よく確認する必要があります。

まず、ウォーターサーバーの製品本体には省電力モードあり、エコモードと記載れているメーカーが多く、通常の電力モードと省電力モードを手動で切り替えるのが一般的です。実際に、省電力モードを活用するともっとも節約できた場合、月の電気代は330円まで抑えることが可能になります。一般的には月400~700円の範囲に電気代を抑えることができます。この省電力モード、自宅であれば寝る前。事務所や職場であれば、退室・帰宅するようなタイミングで切り替えると良いでしょう。省電力モードから通常のモードへ切り替わってから15~20分はお湯がぬるいことがあるので、省電力モードへの切り替えるタイミングはこのことを考慮しておくとよいでしょう。

最近のウォーターサーバーは、自動でモードが切り替わるものも出てきました。特に多いタイプでは、ウォーターサーバーを設置しているお部屋の光に合わせて、自動で省電力モードへ切り替わり電気代を節約してくれるものもあります。その他には温水を使わない時期はその電力を抑えてくれる機能もあり、こういった機能を活用すれば自然と約30%の電気代節約になるので、ぜひ活用してほしいです。部屋の明るさを気にせず節約するなら、手動のスイッチで切り替えるタイプを導入するのがよいので、設置する場所や使う人のパターンやニーズを把握して、ウォーターサーバーの機能を選ぶようにしましょう。