意外と知らない?ウォーターサーバーの電気代

電気代を含むウォーターサーバーの基本的な金額

電気代を含むウォーターサーバーの基本的な金額 「家でウォーターサーバーを使いたいけど電気代が心配」という声をよく耳にします。電気ポットや瞬間湯沸かし器などが一瞬でお湯を沸かすときに使用する電気量がかなり多く、頻繁に使用すると電気代に大きく影響するため、このような不安を抱くことは想像がつきます。

そこでまず、電気代を含むウォーターサーバーの導入にかかる費用全体について、各メーカーやウォーターサーバー本体の機能ごとに説明します。一人暮らしを除く各家庭や小規模事務所などを想定した具体的な利用用途に応じたコストパフォーマンスについても一緒にみてみましょう。そして、導入後の電気代などの維持費についても、上手に節電して快適に利用する方法もお伝えしますので、それぞれ参考にしてください。

日本国内のウォーターサーバーのメーカーは、今や20社近くあります。水の種類ひとつとっても「ナチュラルウォーター」「ナチュラルミネラルウォーター」「ミネラルウォーター」「ボトルドウォーター」とあり、さらには軟水や硬水に分かれます。ちなみにこの水の種類によって電気代が変わることはありません。自分が周りの人が、水やお湯を飲むときに一番ニーズにあった水質を選ぶといいでしょう。

話を戻して、ウォーターサーバーの電気代と総額をみていきましょう。電気代は各メーカーが発表している一般的な状態での利用で月に600~1,500円です。年間にするとそれなりに電気代の差が出てきますので、基本的な電気消費量に加えてこの後に紹介する節約術もぜひ活用して、快適かつリーズナブルにウォーターサーバーを活用してください。

では、電気代以外の費用はどうでしょうか。ウォーターサーバーを設置するのにかかる費用はサーバー本体のレンタル料金、サーバー本体のメンテナンス費用があります。導入の初期費用(契約手数料)は、ほとんどのメーカーで今は無料になっているので、あまり気にする必要はないでしょう。サーバーのレンタル料と水ボトルの宅配料は無料のメーカーも増えていますが、必要な場合は月に500~1,000円が必要です。メンテナンス費用は0~5,000円。このことから、電気代と水のタンクを除く基本的な維持費はほとんどかからないということがわかりました。水タンクは代表的なメーカーの天然水で500mlあたり70~80円です。ディスカウントショップなどで水を購入する金額に近いかもしれませんが、この水の料金と電気代だけで好きな時に冷水やお湯が飲めるのは、魅力的ではないでしょうか。

最新記事